呼吸

多くの人がやってるように、僕もヨガをやってます。

始めたのは38歳の時です。今年45歳になるのでもう7年になりますね。
きっかけは姿勢を正したかったからです。
当時まだフランス料理屋をやっていて、訳あって凄腕シェフのサポートを半年ほどやってました。
細かい作業が多く、かがんだ姿勢で集中してたら、なんか背中が曲がってきてるんじゃないかって錯覚を起こし始めて。。たまたま家に任天堂Wii-fitがあったので、ヨガでもやってみよっか、背中伸ばすのにちょうど良さそうだし。ということでやってみると、これが気持ちいい!そして任天堂師匠、結構厳しい!
重心がズレたり、体がフラついたりすると、
「体がフラフラしてますよ。お腹に力を入れて重心を安定させましょう。」
なんて指摘がすぐに入ってきます。ポーズや呼吸のナビゲートもとてもわかりやすく、楽しくって気持ちいいのであっという間に朝のルーティンとなりました。
最初の頃はポーズをとることに一生懸命で、テレビなんかでよく見るあの超人的な柔らかさを目指してたりしたのですが、半年ほどして慣れてくると少し余裕が出てきて、「これって、あの柔らかさより、ポーズ取った状態での呼吸が大切なのかな?」って思い始め、深く、それでいてナチュラルな呼吸を目指すようになりました。

 

「ヨガ= 腹式呼吸 = リラックス」

 

手に入ったものは「リラックス」でした。
なに、簡単です。姿勢を正して鼻からゆっくり息を吸って、鼻から息をゆっくり吐いて。これを数回繰り返すだけです。

ゆっくり動くことの気持ち良さを手に入れました。

慌てた心が落ち着きます。

不機嫌になりかけた時もやってみてください。心が少し改善されます。

禁煙したいなって思ってる人にも有効かも。人は息を吐く時にリラックスするみたいです。タバコの煙を吐く時が気持ちいいのはそのせいかもです。

続けるうちに、より気持ちよくヨガをするために動かしやすい体が欲しくなってきました。
そう意識してると、体が欲しがる食事にも変化が表れてきました。
まあ、人様に改めて伝えるほど大層な内容ではありませんが、また気が向いたら書かせてもらいます。

今日はこのへんで。

 

海辺のカフェで食べたアフロカレーです

 

ジェラン